− 最近のフリートーク −


2002/10/16

 適当にサーチエンジンをいじっていたら、Retro PC Game Musicと言う、レトロPCゲームの音楽約2000曲がランダムでストリーム演奏されるというサイトを発見。何か有線放送みたい。この手の音楽が好きな私にはうってつけのサイトと言える。知られざる名曲も多いし。


2002/08/09〜11

 3日連続で夏コミに参加。3日制になってからは確か初めてだったと思う。ここ3年くらい夏コミは季節外れの豪雨に苦しめられてきたが、今回は季節外れの強風。館内にいる分には問題ないが、屋上展示場に移動すると大変で、通路を区切るコーンが目の前で倒れた時は慌てて立て直してスタッフが来るまでコーンを押さえていたりもした。行動パターンは3日とも適当にサークルスペースを見て(と言ってもまともに回ったのは3日目だけだったけど)からコスプレ広場に移動して、3時を回るとちょっと企業ブースを覗いてからバスが混まないうちに帰るというパターンだった。いつもは閉会の4時になるのを見届けてから帰るのだが、その前に会場を去ったのはもしかして初めて? それに今回私が買ってきたのもCDばっかだったし。ここで今回買った主な品を書いてみる。

・GLOVE ON FIGHT Cyber Trax Vol.01/渡辺製作所

今春発表された格闘ゲーム「GOF」のサントラで、オリジナルとRemixの2枚組み。今回ここで買うのは控えようと思ったが、午後になってからブースに来てみると、さほど並んでいなかったので購入を決意。聞いてみるとボーカル曲の「Power of Love」と「Dunk!」が流れるように軽快で非常にイイ! Remixヴァージョンの曲も聴きいいです。

・聖夜の再会/FROSTFOREST

PC88時代から完成度の高い音楽集を出し続けており、毎回チェックしているサークルの一つ。今回は代表のMKR氏が手がけた同人ドラマCDの曲が中心で、悲壮感漂うオーケストラ系の楽曲に「MKR節」が炸裂。まぁ「帰還せし者達」のメインメロディーがモロ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』だったりもするけど(^_^;)。

・ORPHE/S.D.K.Special

かつてエニックスからPC88・98で発売された恋愛・サスペンスアドベンチャーゲーム『Misty Blue』の全曲アレンジCD。ネットでその存在を知り、このゲームが大好きな(作曲も(自分の中では)全盛期の古代祐三氏だし)私は狙って購入。一部馴染めないアレンジの曲はあったものの、ほとんどの曲は満足のいく出来栄え。生ギターによるオープニングや、ユーロビートの楽曲が何とも心地よい。あまり広くは知られていない名曲が、こうゆう形で今の世に出てくるのは大変喜ばしいことである。説明しておくと「ORPHE(オルフェ)」とはゲーム中に登場するバンドの名前で、主人公がその解散ライブを見に行くところからストーリーが始まる。

・LOVE−LI−POP/Lyrical@Music

ポップス系のオリジナル曲CDのようだが、また聴いてない(^^;)。

・WASSHOY!!/Leaf

久しぶりにリーフが企業ブースに参入したので1枚購入。でもアレンジが前衛的というか凝り過ぎていて、気楽に聴ける曲がほとんどなかったのが残念。が、そんな中でも『こみっくパーティー』の曲をメドレーでファミコン音源風にアレンジした「FAMILYパーティー」は良かった。


2002/08/08

 荷物をまとめ、昼過ぎに実家を出て自宅に帰ることにする。18きっぷで在来線を乗り継いで5時間半かかったが、実際には近場で寄り道したりもしてたので家に着いたのはもっと後だった。明日からは夏コミ3連戦だし、今まで楽してた分早く自分の生活を取り戻さないといけないな。


2002/07/30

 朝6時にMLながらを降り、次に乗る列車に向かって歩いていたら、持っていた紙袋のひもを支えていた部分が突然破れて袋は地面に垂直落下。中身は実家で遊ぶべく持ってきたドリキャス(DC)、それ用のアーケードスティック、そしてPS2ものを含めたソフト…。特にDC本体は一度壊れた事があるのでまた壊れたのではないかと心配。仕方がないのでその巨大な紙袋を抱えることに。最寄駅からは父の車で移動して、実家に着いたのは朝7時前。母と出勤前の弟にも会って、4人で朝食。その後は落としたDCが無事かチェックするためにしばらくテストプレイ。どうやら無事なようだ。あとはどう過ごしたかはよく覚えていない。この日は弟の誕生日だったんだけど、いろいろあって結局何も言えなかった。


2002/07/29

 青春18きっぷで、今夜発のムーンライトながらを使って実家へ行く。…が、その前に横浜駅にほど近い兄の家に行って冷蔵庫の残りものを贈呈。夏コミまでの10日ほど家を空け、ブレーカーも落としてしまうので。しばらくテレビを見つつ話をしてから横浜駅へ歩いて向かう。改札口の前で12時を回るのを待ってホームに入り、そのまま列車に乗り込んだ。


2002/06/02

 Pioにて行われたイベント「Pia祭り」に行く。信じられないというか、意外というか、今年になって初めてのイベント参加。


2002/05/29

 午前3時半すぎ、今回更新分の原稿編集を終えようやく転送作業に取り掛かれた。次の更新はいつになるんだろう(弱気)。


2002/05/17

 郵便受けをチェックしたら前いた会社から健康保険の切り替えや失業給付の手続きをするための書類が届く。


2002/05/06

 クラッシュしたHDDを買い直す為に秋葉の電気街へ。まだ定期が残ってて実質タダで行けたのが幸いだ。もうちょっと容量の多いのにしようかとも思ったが、結局前のと全く同じ機種・型番(60GB)にした。値段は12600円。3ヶ月で2000円ほど安くなってた勘定だ。そして家に帰ってHDDの再セットと環境の再構築。


2002/05/05

 HDDクラッシュのショックでろくに寝られず。


2002/05/04

深夜、PCから「ジジジ…」という怪しげな音がした後マシンが停止。仕方なくリセットして再起動を試みたところ、様子がおかしい。起動しないのだ。マシンの蓋を開けた上、BIOSのコンフィグ画面で動作状況をチェックして見ると、HDDが認識されていない。配線し直してもBIOSの設定を変えても直らない。考えられる原因は一つ。…そう、

やっちまったよ! HDDクラッシュ(号泣)!!


前にHDDのパーティーションを変えた時、ある程度のバックアップはとってあるものの、その後DLしたファイルはまだバックアップを取っていなかった。ついおとといCD−R30枚買い込んどいて1枚分しか焼いてなかったよ(泣)。なるべく容量の無駄が出ないように各CDに焼くファイル構成を考えていて結局焼けなかったのがこんな形で裏目に出るとは。


2002/05/02

 失業したとはいえ、GW明けまで定期が使えることもあり秋葉原へ。電気街でCD−R30枚ほど買ってから前いた会社へ最後の来社。用件は残していた私物の回収と、離職にあたっての書類を貰う為。会社側の話では書類は法務局に申請中で後日郵送するとの事。最後に社内にいる数人に別れの挨拶をして退社した。


2002/05/01

 【失業しました】
 えー、私KYOSUKEは、4月30日付で3年ほどいた会社を辞めました。正直な話、今後どうしようといった危機感よりも、気だるい生活から開放されるという安堵感の方が大きいです。特に今回は片道2時間の通勤でますます自分の時間が取れない上、毎朝吐き気がするほど家を出たくないのを半ばおしての通勤だったし。仕事という自分を縛るものがなくなったので今後しばらくはバイトも再就職活動もせず、ゲーム・PC三昧の「無職生活」を満喫するつもりです。一応自分の年収以上の貯えはあるから即生活に困るということはないし。という訳で今回は、いつもと違うですます調で書きました。


2002/04/28

 昼過ぎ、近場に出来たらしいディスカウントショップ「ドン.キホーテ」に初めて行く。近場と言っても家から20分以上は歩くのだが。店内を一通り散策してから入り用の品を買い集める事にする。洋品売り場を歩いていると、看護婦・似非セーラー服・ミニスカポリス・バニーガール・ウェイトレスなどの普段お目にかかれない衣装が天井から吊るされているのを見付けた。こんな物まで売っているとはやるなドン.キホーテ(笑)! その他の品揃えも値段も惹かれるものがあり、この労力をかけてでも行きつける価値はある店だなと思った。


2002/04/21

 朝起きて、勝手に(爆)テレビのスイッチを入れてチャンネルをテレ朝に合わせ、「ハリケンジャー」「仮面ライダー龍騎」を立て続けに見て泊まったメンバー達と特撮談義。ほどなくして解散し、帰る途中で行きつけの床屋で髪を切ってから帰宅した。


2002/04/20

午後7時、都内某所のあるネット仲間の家で焼肉パーティーのオフ会に参加。テレバイダーに皆大ウケし、ゲームしたりもしたが、私は早めに床の上で就寝…。


2002/04/01

 家でネットサーフしていると、いくつかのサイトでこの日ならではの「祭り」が起こっている。ちゆ12歳とかはともかく、窓の杜も「窓の社(やしろ)」なんてページを作っているのを見て「おいおい」なんて思ってしまった。じゃあ侍魂は何をやってくれてるのだろうと思いアクセスしたら、特にそうゆう事はやっていなかった(残念?)。でも最新の「想」に載っていた『鉄拳』の話は毎度のように笑いながら読めて、さすがは健さん。うまさが違う〜。


2002/03/25

 前日の運動の余波で歩く度に太ももが痛む。帰りの途中、大宮駅で上野行きの電車に乗ったら私が座った席の隣の人がセガ(グループ)の紙袋を2つ持った人がいた。その人はドリームアイやDC用ソフト10本くらいを取り出しては眺めていた。パッケージには「SAMPLE」と書かれたシールが貼ってあったので、どこかの販売店の人あたりだろうか。他にも何だったかのおもちゃもあったし。


2002/03/24

 更新作業もそこそこに、ジャージに着替えて久し振りの柔軟体操と軽い筋トレを行う。メニューとしては前者は肩回し左右20回、前屈、屈伸、アキレス腱伸ばし、腿の筋肉伸ばしなど。後者はスクワット50回、(ちょっと体起こすだけの)腹筋80回、海老反り30回くらい、腕立て伏せ20回(10回くらいやると息切れを起こす(爆))と、別に大した量ではない。最後に近場をジョギング。そのついでに来月オープンするドン・キホーテの建設地にも寄ってみる。実際行ってみての感想は、歩きで行けない所ではないが結構遠い。自転車でも途中に横断歩道の無い(歩道橋はあるけど)交差点があるので危険が伴う(それ以前に自転車持ってないけど)。でも帰りは走るのを止めてウォーキング(^_^;)。


2002/03/22

 テレ朝のドラマ『トリック2』の最終回を見る(実はこの一文は22日午後7時に帰り電車の中で書いている。執筆時間の節約のため予め書いておく。これって「未来日記」みたい(^_^;))。見終わって(見たのは今回を含めて2回だけだったが)、シナリオ・演出・編集どれをとってもコア層をターゲットにしたドラマなのが強烈に伺え、ギャグの使い方とかが何か漫☆画太郎や木多康昭のマンガみたい…。まぁこれを「前衛的」と取れるかどうかは人それぞれだが。


2002/03/21

 今日は春分の日。でも会社で仕事。今の現場は原則的に祝日は休みにならない(泣)。ずっと前にやってたバイト先もそうだったが、あの時はバイトなので当然給料は勤務時間に比例するので納得してやってた。でも今の仕事は固定給(+残業代)なのでとても損した気分だ。


2002/03/20

 仕事帰りに秋葉の本社に寄って今後の交通費(計算したら月30000円!)と、社長のお使いで買って来たものの精算について、社長と総務宛のメールを書いてきた。メールだけなら家からでも送れるが、お使いの領収書とそれにあたっての出金伝票を書いておかねばならなかったので本社に寄ったのだった。


2002/03/17

 今回の休みにそれまで書き溜めていたFT用文章をHTMLに編集して、17日の夜11時過ぎにやっと更新作業が出来た。この更新ペースの遅さを何とかするためには毎日の帰りの電車でVAIOに向かってテキストを打ち込むしかない…。家だとどうしてもダラけるし家事もあるし。でも普段は家と会社を往復するだけの日々。そんな事書いたって面白くないし、仕事関係の話も守秘義務があるのであまり書くことは出来ない。サイトに公開日記書いてる人は普段どんな風にしてネタを探してるんだろうか。


2002/03/15

 岩槻での仕事を終えると親睦会に出るため秋葉の本社へ。そこに置きっぱなしにしていたPC88用フロッピー十数枚をエミュレータ用イメージファイル化。その際にいつも用意しているMOを忘れてきたので作成したイメージファイルは圧縮・パッケージングして自分のプライベート用メールボックスに送信する。さらには仕事関係の人が置きっぱなしにしているXbox(限定版のほう)が開封され(持ち主は開けてもいいと言っていたそうだ)、一同の注目を集めるが、スケルトンと言っても表面だけで中の構造は全く見えないしデザインも大した事ない。そしていかんせん対応ソフトが手元に無かったので起動画面回りを見るだけに留まる。家に帰ると早速会社で送信したファイルを受信してエミュレータで動作確認。全部チェックした訳ではないが、とりあえず正常に動作するようだ。


2002/03/14

 昨日出来なかった新旧PCのネットワーク接続とデータ移管作業が出来るようになった。残る問題は旧PCの後始末の方法だ。別に壊れた訳ではないので捨てるのは忍びないし、売りに出しても二束三文なのは目に見えているし、使えそうなパーツをバラして残ったジャンクを捨てるにしても使い回せるパーツはもう新PCに入れてしまってるし。


2002/03/13

 家に帰ると、旧PCの一部データ(IMEのユーザー辞書、自作壁紙、ICQログ)を新PCに移してなかったので両方のPCをクロスLANケーブルを繋げて作業を試みるも、互いのPCが相手のPCを認識しない。何故だ! この前はきちんと認識してデータの移行が出来たのに。ネットワーク設定をいろいろ調べていじってみるも、結局解決しないまま深夜に及び、翌日の事もあるので作業を断念して寝た。


2002/03/09

 再インストールしたのも束の間、またPCの調子が悪い。しかも今回はログオンした途端いきなり強制シャットダウンされて、それがループするという最悪なもの。いろんな対策を講じつつ、画面からの状況から、一部ソフトの相性の問題だと判断し、セーフモードで起動して問題となるソフトをアンインストールしてみたら今度こそ正常に起動した。やれやれ…。メーカー製と違って自作はまともに使う事にも苦労する。今までの経験からして一通りの問題は解決したので今度こそ安定した動作が期待できる(と、思いたい(泣))。


2002/03/07

 ここ数日うまくいってなかったPCの再構築がやっとやれた。まずHDDを完全に空にしてからパーティーションを切り直し(8GB(OS、アプリ、小さいファイル用)、32GB(大きいファイル用)、約12GB(予備))、WinXPを再インストールしたら前もってCD−Rに焼いておいたバックアップデータをアプリ系中心にHDDに戻していく。あとはCD−R8枚分ある動画系ファイルか(爆)。


2002/03/06

家に着くのは早くても夜の9時。仕事は忙しいわけではなくても生活は格段に忙しくなった。風呂上がりにPCを立ち上げつつニュースステーションを見ていたら、韓国レポートの企画をやっていて、W杯に寄せての新製品「メロディー付きハサミ」を紹介していた。元は焼肉用のハサミだが、ボタン一つでメロディーが流れるというただそれだけの代物。流れる曲はドイツ・イギリス・中国・日本向けの4タイプあり、ドイツ向けの「エリーゼのために」とかはいいのだが、日本向けはなんと





「ムーンライト伝説」


これを造った韓国のメーカーは「日本では大変人気のある曲と聞いている」とコメントしていた。


…確かに大人気だったよ…。




10年以上前に…、ごく一部の人間の間ではな…。


ズレてる…。ズレてるよ。あんた日本って国を誤解してるよ、と感じずにはいられなかったレポートであった。


2002/03/05

 電車の接続に結構なタイムロスをくい、職場に着いたのは10時10分頃。フレックスとはいえコアタイムは10時15分からなので危ないところだった。


2002/03/04

本日から職場が埼玉の岩槻になるため朝6時起床。いつものようにテレビのチャンネルを「めざましテレビ」に合わせ、ニュースの音声を聞きながらベッドの上でうつぶせになってウト寝。6時50分近くになって倒れていた体を起き上がらせ、いそいそとスーツに着替え、冷蔵庫から取り出したオレンジジュースをコップに注いで一杯飲んで家を出たのは7時過ぎ。JRで大宮まで乗ったら東武野田線に乗り換えて、岩槻駅に辿り着くまでの時間は100分ほど。担当者の遅刻もあって、現場に着いたのは10時過ぎ。そこで仕事や就業規則、会社の概要説明を経て職場となる部屋へと案内され、午前中は日常、そして今後訪れるであろう各所の案内に費やされる。昼休みには食堂へ連れられるのだが、値段が張る割には量が少なく、全然食べた気がしない。これからは食事のあり方についても考えなければならない。午後は今後使う事になるPCをOSのクリーンインストールから行う作業に明け暮れて初日は終わった。帰りの電車では久し振りに開けたVAIOでこの文を打ち込むが、いかんせん打鍵が遅い。PC暦は10年以上あるけど未だにタッチタイピングがまともに出来ないからなぁ。


2002/03/03

 このところ、日曜の午後9時台は「ASAYAN」と地元U局での「スクールウォーズ」を並行して見るという視聴ライフとなっている。ASAYANは今の見所である日韓スーパーアイドルデュオオーディションが佳境を迎え、番組の終焉を飾るにふさわしい企画と言える。ナレーターが変わり、リニューアルされてからつまんなくなった事もあるが、これまでに様々なタイプのオーディションを行い、ここから出たモー娘。やケミストリーなども一人歩きを始め、番組の使命は終わった感もあるのでまぁここらで潮時であろう。ところで「世界標準」はどうなったんだろう?

 この日のスクールウォーズはマネージャーの山崎佳代が大木大介と名村正の決闘を止めようとする途中で交通事故死する回だったが、見ていて映像の古臭さや展開の強引さは否めないが、根幹をなすシナリオ部分には熱くさせられるし、故芥川隆行によるナレーションも実に素晴らしい。やっぱり日本のドラマ史に残る屈指の名作なのに変わりは無く、いいものは時代を超えていいものだと改めて思う。つーか、そうであって欲しいのだが。

 で、それと並行してPCのリストラ(再構築の意)の準備としてHDDの全データを10枚ものCD−Rに焼いてバックアップを取る作業を行った。なぜかと言うと、OSが一部クラッシュして修復しようとしたらOSが二重登録されてしまったのと、HDDのパーティーションの設定が適切でなかったので中身を一度空にしておかねばならなくなったため。


2002/02/28

 家でミリオネアを見る。最初の人が1問目でいきなりライフラインと使ったのに驚き。前に2問目でライフラインを使った人を見たが、1問目は番組史上初。しかも次の2問目で間違えるのも史上初。あと面白かったのが250万円の問題「北海道で一番北にある岬は?」でテレホンを使い。電話のメンバーは「襟裳岬」と言っていて解答者本人は「宗谷岬」をファイナルアンサーして正解した事。そうなのだ。いかにライフラインを使おうと頼れるものは自分の知識だけだという事を示す好例だね。


2002/02/16

 CPU速度が思うように出ない問題についてネットで調べ、ジャンパピンをピンセットでFSBを100から133になるように修正したら本来の速度が出るようになった。


2002/02/14

きょうはなーんのひ? うっふーーー♪
(by おもいっきりテレビ)




そんだけ(爆)。


2002/02/13

 家に帰って自作マシンのチェックの続き…というよりPBの初プレイ。フロントのUSBコネクタそれぞれにパッドを取り付けてみると電源ランプが入り、正常に作動しているようだ。とりあえずキャラは高瀬瑞希を選んでプレイ開始。ゲームの方は操作が馴れてなくて1人目で負ける事が続く。各キャラの技やポーズの設定がいろんな格ゲーのパクリなんだけど、それで面白ければよし。何度目かのプレイでようやく勝利を収め、それからは殆ど負ける事無くサクサクとステージは進み、ラスボスの立川郁美にも一回であっさりと勝ててしまった。エンディングはスタッフロールが流れるだけで少し物足りない感じがした。勝ちセリフシーンの延長みたいなのでもいいから各キャラのエピローグ的なものも入れて欲しかった。かなりすんなりとクリアしてしまったのでちょっとつまんないなぁと思っていたのだが、2回目を始めたらCPUキャラが急に強くなっていた。やはり最初のプレイ内容をフィードバックさせているのだろう。やっぱよく出来てるわ。今度はLANケーブルを使って前のPCから新PCへデータを持って来る作業。持ってくるのは主に画像や動画、HP用データや各種テキストファイルおよび一部アプリケーション。


2002/02/12

 会社が終わると有楽町へ。ビックカメラではストップウオッチとキッチンタイマーを、無印良品では目に付いた食料を、マツキヨでは体温計とピンセット(実はこれがメイン(笑))を買って帰宅。夕食を済ますとテレビの音だけ聞きながら自作PCのセッティング。ピンセットでHDDのジャンパピンをマスターになるよう付け換えて、電源を入れたらWinXPのCD−ROMをセット。HDDパーティションを決めてから(8GB、15MB、30GBの3つに振り分けた)インストールへ。それが終わるとマウスで適当に操作してみるが、今のところ動作は安定している。でもHDD容量をチェックするとOSだけで2GB近く取られるのね(泣)。最後はPBをインストールし、起動させると表示されるマシン情報に不審な点が、CPUがAthlonXP1600+のはずがAthlonMPとなっている。速度も1GHzだし。まぁこれはこのソフトが出た当時はこのCPUが出てなかったからだろうと、今度はコントロールパネルのシステムでチェックしてみると、単にAthlonとしか表示されない。そこのところに疑問を持ちつつシャットダウンして寝た。


2002/02/11

 3連休のラストとなる建国記念の日。昼まで寝て、午後2時前に家を出て秋葉へ。電気街をあちこち散策しつつ買い足りないと分かったPCパーツを買い出す。通りかかったイラスト画廊で各イラストレーターのリトグラフを眺め、ソフマップでPCゲームパッドを購入。機種はマイクロソフトのサイドワインダー。いろいろ触ってみてこの系統が一番(つーか、のみ)感触が良く、値段の手ごろな(それでもこの手の機器としては高めなんだけど)やつを選んだ。それにしてもどうしてPCのゲームパッドは感触悪いのが多いんだろう。その多くは明らかにPSを意識したデザインしたものであるが、酷似を避けるためか、差別化を図ろうとしているのかは分からないが、結果としてかえって変なものになっている。グリップの握りや各ボタンの位置関係や形状、押し具合など全体としての感触がしっくりこない。これ致命的だぞ。私的にはXboxのパッドをPCに接続するための変換コネクタが出て欲しいと切に願う。機構は同じUSBだから技術的には簡単だと思うし、どこかのメーカーか同人サークルが必ず作るだろうけど。最後はメディアランド(中古ゲーム屋)をのぞいて駅に戻った。

 家に帰り、夕食を作って食べてからテレビを見ながら改めてPCパーツを取り付け直し、ついに火入れ式(初めての電源ON)。CPU、マシン背面、ビデオカードのクーラーは正常に動作している。BIOSも正常に起動。設定画面を見ても各ドライブも正常に認識しているようだ。でもHDDの設定がスレイブになっており、マスタにするにはHDDのジャンパスイッチをいじらなければならないが、素手で出来るようなものではない細かい作業で生憎手元には適切な工具が無い。明日ピンセット買ってこう。


2002/02/09

 1ヶ月ぶりの3連休。テーマは「自作PCの組み立て」。かねてから今私の使っているPCに限界を感じ(システムの負荷が重くなった、ソフトの動作が安定しない、HDDの容量も底をついた)、増設しつつも5年使ってきたこのPCと別れようと思っていて、WindowsXPも出たし今こそ買い替え時と判断していた。そこで今週は会社が秋葉原という事もあり、仕事帰りに各パーツを何日かに分けて買い込んでいたのだった。そのスペックの概要を紹介する。

パーツ種類パーツ名または概要値段(税別)
CPUAthlonXP1600+ (BULK)¥16000
CPUクーラーBigWAVE2¥3980
システムファン流体軸受の標準タイプ¥2200
マザーボード(MB)
OS
GIGABYTE GA-7VTXH(LANコネクタ標準装備)
WindowsXP Home Edition(OEM版)
¥27280
メモリDDR SDRAM 256MB(PC2100 CL2.5)¥7680
ビデオカードGeForce2MX400 メモリ64MB¥7980
HDDSEAGATE ST360021A(7200回転 60GB)¥14990
FDD3.5インチ2タイプ¥1430
CD−ROMドライブ(CD-R/CD-RW/DVD-ROMコンボドライブ)¥18980
PCケース前面にUSBポートを装備¥6980
キーボードJUSTYのソフトタッチキーボード¥880
マウスノーブランド¥599
合計¥108979

コンセプトとしては、パワーとコストパフォーマンスのバランス。具体的には最新クラスのパワーを持ちつつ、価格がこなれたものを選ぶというもの。私は別にベンチマークの鬼でもスピード狂でもないし、「エセXbox」を作る気はないのでビデオカードは多少型落ちしたものであっても普通に使う分には、実用に耐えられれば充分と考えている(最新のビデオカードは差額でそれこそXboxが買えてしまう値段だし)。実際バリバリの3Dゲームとかちっともやらないし。まぁ費用的にはこんなもんだろうと納得はしている。それと、渡辺製作所の有名同人ソフト「パーティーズブレイカー(PB)」(有名な同人ソフトで、「こみパ」キャラの格闘ゲーム。でも私はこみパ本編をやった事はなし(爆))も2500円出して買った(爆)。

ケースの箱を開けて中を出すが、なんとマニュアルが無い! マザーボードの取り付け方や各コネクタの意味をMBのマニュアル(英語)と突き合わせ、ネットに繋げて自作PC講座のサイトを見ながら作業を続ける。CPUもグリスの塗り具合とクーラーの取り付けにえらい苦労したりと、手探り状態。結局作業は深夜にまで及んだ。でもクラッシュが恐くて電源は入れられなかった。やはりそれはちゃんとパーツ構成を確認してから。


2002/02/08

家を出たら客先への面接のため直接埼玉の岩槻へ。上野から大宮までは高崎線に乗り、そこから東武野田線に乗り換えて合わせて1時間半はかかった。でもそれは比較的乗換えがスムーズに出来たので実質は2時間はかかると考えていいだろう。その面接を済ませてから会社へ。


2002/01/01

年越しの瞬間に合わせていたチャンネルは決めていた通りMXTV。テレビに流れたのは帆船海王丸の汽笛と「2002」とライトアップされた東京タワーの映像だった。一昨年は日テレ、昨年はTVKだったが来年はどうなるか。なお、喪中のつき新年の挨拶は省略します。


2001/12/31

チャットをしつつ、午後10時にテレビのスイッチを入れる。今回の年越しテーマは一部で話題のMXTVの番組「テレバイダー年越しスペシャル」。周囲で面白いという話なので今回初めて見る事にした。情報番組なのだが、そのノリを一言で言うと「極度にパロディ化したニュース番組」。例えばCD売り上げ、映画興行、書籍売り上げの普通のランキングを紹介したあと「独自ランキング」と銘打ってかなりイカれたお題のランキングを紹介したり、他局の番組の様子を伝える「裏番組速報」や、雑誌などにあった「星占いラッキーアイテム」を星座別に画面いっぱいに羅列するなど、ある意味サイコな番組である。見てて「こうゆう番組作れるのかMXTV」と少し見直した。

ちなみに紅白は11時40分ごろに結果を見ただけ。45分になってからの「ゆく年くる年」は各地の寺の様子を映し出す相変わらずのもの、一方民放はカウントダウンコンサートを中心としたそれぞれのイベントの様子を流している。昔は「ゆく年くる年・民放バージョン」として各局が共同で同じ番組を流していたのが今となっては信じられない(え? 昔のほうが信じられないって?)。59分になるとリモコンで各チャンネルを次々と変えて各局の映像を眺めていた。そして…


2001/12/30

 今度は10時半に家を出てまた昨日と同じ所へ。今度は評論系・PC系サークルのブースを回り、それで何冊かの本とCDを買ってからまた昨日と同じ行動パターン。今度はもう自分でも飽きつつある感でもあるDQMテリーの格好をしたのが違いか。でもほとんど意味無いように思う。別に写真撮られたくてやってる訳じゃないけど(写真撮られたのって、ほぼ全てゲームショウの時だったし)、最近だとコスしようがしまいが自分を取り巻く状況は何も変わらないんだよね。特に男だし容姿も人並み以下だし。


2001/12/29

 12月は今年で一番仕事がキツい月で、肉体的疲労もさることながら精神的なダメージが大きく、ノイローゼ気味になってしまっていた。この冬休みでそれをどれだけ回復できるか。その第一弾としてまず冬コミに行った。でも家を出たのが11時半で、会場に入れたのは午後1時過ぎだったろうか。簡単にサークルブースを回ってからコスプレ広場に移動してそのまま最後まで西4エリアで過ごし、終了後は特に寄り道もせずに家に戻る。


インデックスに戻る TOPに戻る